チェンマイってどこ!?
このサイトについて

チェンマイ系グルメ

スポンサーリンク
チェンマイ系 グルメ

【チェンマイ系 グルメ】ほっぺた落ち!イサーン風ラップサンド ▷Cat House Restaurant

こちらのレストランは、オーナーが料理が大好きということもあり、多国籍で大きなサイズの料理が特徴です。ローカル価格に比べると特別安くはありませんが、他のお店では味わえない独創的なアレンジ料理なので、決して高いわけではないと思います。おススメは、タイ東北部のイサーン地方のサラダをアレンジしたこのイサーンラップ。クスクスのようなパスタが入っていて、食感がクセになります。
パンとスィーツのお店

ふわふわ とろけるココナッツクリームのスイーツ▷Cafe Baan Piemsuk

こちらのカフェの名物と言えば、「高速でとろけるクリームのパイ」なんです。大きな2つのショーケースの中に、大きめカットのクリームケーキが並んでます。バナナのパイや、ティラミスや、コーヒーケーキなどありますが、その中でも人気があるのは、このココナッツパイ。
パンとスィーツのお店

カフェ×BAR×理髪店 グランドオープン前▷”Muangmai Cafe”

なかなか徒歩で行く場所ではないけれど、おしゃれが好きな男性におすすめ。このレトロな雰囲気が好きな方はとっても気に入っていただけるお店だと思います。今回はそんなカフェをシェアしますね。記事作成時点で来週 10月12日(土曜日)グランドオープンします。カフェでのんびり利用するもよし、旅先で友だちを作るもよし、自分を振り返ってオシャレするもよし!チェンマイのお散歩にこんなお店はいかがでしょうか?
スポンサーリンク
ベジ系 グルメ

「女神」という名がついたスムージーボウル at “Free Bird Cafe”

タイの古都 チェンマイ旧市街から北東へ15分ほど歩くと、落ち着いた住宅街の中に広い駐車場を有するカフェがあります。そして、そのカフェの人たちは、自分たちで、自分たちのことをこう呼びます。”理由(ワケ)ありカフェ” そう。オーナーからスタッフさん、果てにはお客さんまで巻き込んで壮大な ”理由(わけ)"で運営されています。今回はそんなお店をシェアしますね。
チェンマイ系 グルメ

アジアン市場散策の休憩に◎ネパール茶を飲んで異国情緒を味わう at “Thamel Coffee”

タイの古都 チェンマイ旧市街から東のピン川方面に行くと、民族系の市場があります。 アジアン満載のこの市場は、観光客にはとっては物珍しく品物が多く、まさにアジアの市場の喧騒と言った雰囲気です。 地元の人にとっても安価にショッピングできるとあって、チェンマイでぜひ行きたい観光スポットの一つですね。しかし、そんな市場を夢中でまわっていると、時間が経つのが早く、けっこうバテるし、休憩したくなる.. なのに、この辺りって、気軽に入れるカフェはそんなに多くないんです。
ベジ系 グルメ

日替わりメニューも豊富 老舗のベジ系レストラン at “Thai Orchid Vegetarian Food”

タイの古都 チェンマイの旧市街は、西洋圏の人たちの間で【東南アジアのベジタリアンの首都】という名前で呼ばれている街です。街中には、ちょっと高級な西洋料理のレストランから、ローカルの間で長年愛されている昔ながらのタイ料理の定食屋までさまざまです。どちらが良いと言うわけでなく、どちらもいいところがあり、食べるものの選択肢の多さはチェンマイの魅力の1つですよね。
スポンサーリンク