チェンマイってどこ!?
このサイトについて

【写真】タイ一般家庭 オークパンサー(出安居)情景

Ok Phansa 

オークパンサー(出安居・であんご)はタイの宗教行事の一つです。

お坊さんたちは、太陰暦の8月 十六夜の日の カオパンサー (入安居・いりあんご)からお寺に籠って修行するのだそうです。

それから三ヶ月間の雨季の間、お坊さんたちはお寺の中で修行に励み、農家さんたちは稲を育て、雨季が明けるオークパンサー(出安居・であんご)の日に修行を終えます。

なので、オークパンサーは別名 雨安吾(うあんご)とも呼ばれているんだとか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

十六夜ってなに?

十六夜は「いざよい」と読みます。

満月は十五夜なので、ほぼ満月の状態で綺麗な円を見ることができる特別な日です。

グーグル先生さま
グーグル先生さま
十六夜と書いて、なぜ「いざよい」と呼ぶのか、その由来は、「猶予う(いざよう)」という言葉にあります。いざようとは、躊躇するという意味の古語で、十六夜の月は、満月の十五夜の日より、周期の関係で50分遅くれで現れます。その遅れている様を、「躊躇しながら出てきている」と擬人化して「猶予いざよいの月」→「十六夜(いざよい)の月」と呼んだんですね。 
こなっぽい人
こなっぽい人

もうね
その感性がうつくしいですわ

出典 : 神仏ネット

「安吾(あんご)」という言葉自体が、サンスクリット語で「雨」とか「雨季」を意味します。

すなわち、タイの人はオークパンサーが明けると雨季おわったー!乾季ー!という気持ちになるのだとか。

ただし、日本の旧暦とタイの暦は数え方が違うようでその辺はまだ調査中です
かおにゃお君
かおにゃお君

全く関係ないけど
安吾
と言えば
写真家 林忠彦が写した 坂口安吾の書斎の写真が有名やね
無頼派の小説家たちはパンクロッカー

こなっぽい人
こなっぽい人

偉大なる落伍者に私もなりたひ

全国各地の様々なお寺で行事が行われていたようですが、私は普通のご家庭に夕飯に呼んで頂きました。

場所はチェンマイから南へ1時間半ほどのところのランプーン県。

ランプーン県

若い娘さんたちはお肉を食べていましたが、お祖母様世代になるとこれまた宗教行事の一つであるキンジェーの期間からずっと肉食を避けていらっしゃるのだそうです。

通訳してくれた娘さん曰く、お祖母様は「今の若い人は…」的なことを言っておられました。

どこの国もいつの時代も変わらないお言葉ですね…

▲ キンジェーについては別記事でまとめております

オークパンサー

食後には、ロウソクを家のまわりに置いて火をつけていきました。

お釈迦様やご先祖様を家に招くための道しるべになるだとか。日本で言うお盆のような感じかもしれません。

オークパンサー

托鉢にまわるお坊さんたちが田畑を踏み荒すことに困った農民が、稲が育つ雨季の期間はお坊さんたちにお寺に籠ってもらっていた、という俗説もあります。

収穫できる時期になったら、籠っていてくれてありがとう、おかげでこんなに立派なお米ができましたと寄進をするという意味もあるんだよと言ってました。

こなっぽい人
こなっぽい人

田畑を荒らす動物を一箇所に・・

かおにゃお君
かおにゃお君

それ言ったらあかんヤツ

さいごに

オークパンサー

個人的にはこれからタイで、しかも人様のご家庭でのオークパンサーを過ごすことはないでしょうから、とても良い経験をさせて頂きました。(タイの人と結婚したらこの限りではありませんが….)

今回は、タイの、オークパンサーの日に知人のご家庭にお邪魔した時の写真をシェアしました。

少しでも楽しんで頂けたら幸いです。

旅の準備

【寝台列車】バンコクからチェンマイへ

【リスト】旅人の持ち物

【状況や環境】 女子一人旅の不安など

格安で手に入れる航空チケット

どこからどこに行きたいと感覚的に使えるようにできており、さらにその月で一番安い航空券を一発で見られるので、頻繁に利用させてもらっています。

一時帰国のため検索をかけて、バンコクー日本の航空チケットを7000円以下で購入することができました。時期によって安く海外への渡航も可能。直近でも便利です。