チェンマイってどこ!?
このサイトについて

【チェンマイ最大の巨大マーケットで迷子になろう】 ワロロット市場〜モン族市場

ワロロット市場〜モン族市場

100年以上前、当時の王族によって設立されたというタイの古都 チェンマイ最大のマーケット

今やチェンマイ観光の目玉の一つでもあり、ローカルの人たちで賑わうチェンマイの台所としての顔もあります。

3階建てのワロロット市場を中心に、そのまわりを囲むようにローカル市場が広がっていて、さながらその様子は、街全体が大規模なマーケットのよう。

迷路のように入り組んでいるため、迷子になること必至

いえいえ、むしろ、それを楽しんじゃいましょう。

今回は、このワロロット市場周辺を含む ガードルアン と呼ばれるエリアをシェアしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

☝️ ガードルアンって?

ガードルアンは、大きくわけて4つの市場から構成されている この地域の呼称です。

正確に言うと、モン族市場はガードルアンに属さないようですが、徒歩圏内なのでいっしょに散策してしまいましょう。

4つの市場から構成されている この地域の呼称です。

正確に言うと、モン族市場はガードルアンに属さないようですが、徒歩圏内なのでいっしょに散策してしまいましょう。

☝︎ ワロロット市場
☝︎ トンラムヤイ市場
☝︎ ナワラット市場
☝︎ 花市場
☝︎ モン族市場
かおにゃお君
かおにゃお君

ガードルアンってのは
ムアン語(チェンマイの言葉)で
ガードは市場
ルアンは大きい、王様って意味だよ

こなっぽい人
こなっぽい人

ようするに合わせて
でっかい市場」ってことね??

☝︎ ガードルアン歩きの心得7つ

  1. 自分の荷物から目を離さない
  2. 他のローカル客にならえ
  3. お店の人の愛想を期待しない
  4. 晴れてても道路が濡れてるから、歩きやすい靴を履いていく
  5. お坊さんも歩いているので、女性の方はお坊さんにぶつからないように注意
こなっぽい人
こなっぽい人

この周辺
日本人の感覚からすると、衛生面で気になるかも知れないけど
たとえ日本語であっても、発言に気をつけよう
ここはローカルの生活の場所だと言うことと
日本語を勉強しているタイ人は意外と多いということをお忘れなきよう

かおにゃお君
かおにゃお君

親日の国タイだからこそ、日本人の礼儀で接しタイよね

こなっぽい人
こなっぽい人

おいしいもの食べタイ

目次から必要な項目だけ見ることもできます。

ワロロット市場

Waroros Market

言わずと知れた、チェンマイ最大規模の屋内市場です。チェンマイのガイドブックでここが載ってないということはないでしょう。

屋内ということもあり、市場内に入ると最初は少し薄暗く感じるかもしれませんが、怖いところではありませんから気にせず入っちゃいましょう。

建物は三階建て。お店の数は500以上にも及ぶとか。

階段にも通路にも市場の外にもお店があり、裏道らしきところにも商品が飾ってあって、もうどこが裏側なのかすらも判然としません。

Warorot Market
残念な通訳する人
残念な通訳する人

英語スピーカーは、Warorot market と書き
タイの人による英語表記は Waroros market でございますが
ローカル表記にならい
当サイトでは Waroros に統一しております

1階 香辛料、ドライフルーツやナッツなどの乾物、北部タイの食材、生活用品

Warorot Market
Warorot Market
Warorot Market

一階には、香辛料、ドライフルーツやナッツなどの乾物、北部タイの食材、生活用品が並んでいます。

通路を縫うように置かれたカゴ雑貨類や、なんだか使い方がわからないものもあって、目をひきますね。

この木の桶のようなものは、北部タイの貯金箱だそうです。

自分で南京錠をとりつけるタイプ。昔、日本でも流行った500円玉貯金のように、全部貯まったら100万円貯まるとかいう感じでしょうか。

取っ手を金色で装飾しているところが、タイな感じですね。

フラウさん
チェンマイっこ
ベルちゃん

市場内で買うカゴ類は高いから
裏口か路面店で買った方がお値打ちよん

こなっぽい人
こなっぽい人

もはや説明を聞くより
1度目は迷いながら歩き回るのが得策だとおもう

Warorot Market

宗教上で使用するロウソクなどのセット、徳を積むためのサンカターン(タンブンセット)もこの辺りにあります。観光客にはあまり関係のないものですが、見ていると興味深いです。

2階 衣類 お土産用の民族衣装、地元の人用の普段着など

Warorot Market

2階には山岳民族系の服や、普通のTシャツなどが置いてあります。

この民族服は観光客用にすこしアレンジを加えてあるとのこと。

2階3階の奥ではお針子さんたちが、朝から夕方まで実際に服を作っているところでもあります。

Warorot Market
Warorot Market

3階 衣類、生活用品、眺め

Warorot Market

上から眺める市場の様子は一度は見ておきたいオススメ風景です。

アジアの市場の喧騒、値交渉の様子、見知らぬ食品、異国の言語、嗅ぎなれない香辛料の匂いなどが異国情緒をかきたててくれます。

Warorot Market

フードコートが地下と一番上の階と二箇所にあります。疲れたらここで休憩もできます。

この投稿をInstagramで見る

カゴ好きとしてはたまらないカゴ😳😳😳

なもたんさん(@namotan2019)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

日本🇯🇵の招き猫とタイ🇹🇭の招き女神ナンクァ

なもたんさん(@namotan2019)がシェアした投稿 –

外国人である我々の目線からすると、ちょっと不思議なものが発見できる。

それがローカルマーケットの楽しいところ。

ナンクァというタイの女神さまと、日本の招き猫のコラボが絶妙で、ふふ と楽しい気持ちになります。

こなっぽい人
こなっぽい人

ちなみにエスカレーターはあるけど
ほぼ 階段と化しております

かおにゃお君
かおにゃお君

いっぱい食べて
いっぱい歩いて
健康的なダイエット

Warorot Market

【お店の情報と地図】 ワロロット市場

名称:Waroros Market(ワロロット市場)
WEB : なし
場所:90 Wichayanon Rd, Tambon Chang Moi, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ
電話 : なし
時間:4am〜6pm

トンラムヤイ市場

TON LAM YAI MARKET

トンラムヤイ市場はワロロット市場の道路むかい側

Warorot Market
左がワロロット市場、右がトンラムヤイ市場、(正面に向かうとナワラット市場)
Warorot Market

トンラムヤイ市場は、一方通行の道路を挟んだワロロット市場の反対側に位置します。

ワロロット一階部分から外に出て、道路を渡って、徒歩10秒でトンラムヤイ市場です。

互いの2階フロア部分は、歩道橋でつながっており、そこから往き来することも可能。

Warorot Market

サントール(タイ語名 クラトーン)

Warorot Market

きのこ類だと思っていたのですが、これはサントール(タイ語名 クラトーン)という果物でした。

生食も可能ですが、叩くなどの加工をしてから食べるとさらにおいしくなるそう。

それに塩と唐辛子をつけて食べます。

こなっぽい人
こなっぽい人

もぐもぐ……うん!
1回でいいかな!

かおにゃお君
かおにゃお君

好き嫌いが
わかれる味かもしれぬ

カノム サイサイ

Warorot Market

ココナッツの千切りの甘い餡に、ココナッツミルクと米粉の生地で丸めて、バナナの葉っぱで包んで蒸した カノムサイサイ。

ローカルドライマンゴー

Warorot Market
8枚くらいで30〜40バーツ(105円〜141円くらい)

これ、ローカルドライマンゴーです。

もっちり、むっちり。

日本人好みの半生の食感は、凝縮したマンゴーの甘さでやみつきになることでしょう。

もうスーパーで売っているドライマンゴーを買えなくなるかも。

砂糖不使用なので、ダイエット中の口さみしい時にバッグに忍ばせておきたいです。

現地でしか買えないバラ撒き用のお土産は、喜ばれるかもしれません。

カノム トーキョー

Warorot Market
5個 10バーツ〜20バーツ(70円くらい)

地元の人たちが、トーキョートーキョーと呼ぶので、何だろうと思ったら日本のお菓子を参考にしてつくったというタイのお菓子です。

カノムはお菓子という意味なので、「菓子 東京」と聞くと、なんか銘菓っぽいな、と思ってお皿に盛ってみました。▼

薄いものから厚いものまで、お店によって形も厚みも違います。

功徳を積むペットショップ

Warorot Market
Warorot Market

「功徳を積む」という仏教用語がありますが、タイではこれを「タンブン」と言うそうです。

功徳を積むとは、良い行いや善行をすることで、極楽浄土に行くことができる、という仏教の教えの1つ。

考え方としては日本人にも理解しやすいものかもしれません。

ペットショップ(と言っていいのかわかりませんが)で買った「生き物を自由にする」ことで、功徳を積むということのようです。

この行いついては、タイの人たちでも賛否あるところのようですね。

フラウさん
チェンマイっこ
ベルちゃん

わたし好きじゃない

こなっぽい人
こなっぽい人

タイの人もそれぞれやね

Warorot Market
Warorot Market

お店の情報と地図 トンラムヤイ市場

名称:Ton Lam Yai Market(トンラムヤイ市場)
WEB : なし
場所:88/1 Wichayanon Rd, Tambon Chang Moi, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ
電話 : +66 53 234 701
時間:4am〜6pm

花市場 (The Flower Market)

The Flower Market

チェンマイの街中でお花屋さんを見かけないのは、この花市場が充実してるからかもしれません。

場所はワロロット市場と、トンラムヤイ市場よりピン川沿いなので、見つけやすいと思います。

針や糸、針金を使って、その道の職人たちが、鮮やかに生花を花輪にしていく姿は圧巻ですね。花好きな方は、その技術と金額に驚くようです。

24時間営業なので夜中も営業してますが、あまり明るくありません。旅慣れてない人は怖いと思いますので、お昼間に行かれた方が良いと思います。

Warorot Market
Warorot Market
Warorot Market
ダオルアン 10〜20バーツ(35円くらい)

【ダオルアン】
仏陀へのお供えもの


観光客はあまり買うものではないかもしれませんが、ここは無事に帰国できるように願いを込めて買ってみちゃいましょう

物見遊山で見ているだけより参加する方が楽しいですし、売り子さんも買ってくれた方がうれしい。話す良いきっかけにもなりますよ。

観光からちょっと踏み込んで、ローカル気分を味わってみるのも旅の醍醐味です。

旅先であっても、ホテルの部屋に飾ってみると、不思議と気持ちが華やぎます。

▲ タイのお坊さんの僧衣と、同じカラーです

お店の情報と地図 トンラムヤイ市場

名称:チェンマイ 花市場
WEB : なし
場所:88/1 Wichayanon Rd, Tambon Chang Moi, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ
電話 : +66 53 234 701
時間:24時間営業

ナワラット市場

NAWARAT MARKET

ワロロット市場や花市場のある区画から、北側へ道路を一本渡った場所にあります。

道一本隔てただけなのに、ワロロットよりも少し安いようです。

部族の方が山で食べるような食材があり、チェンマイの地元の人も、ちょっと面白いと感じる物を発見できるみたいですね。

Warorot Market

トロピカルフルーツ サラク

Warorot Market

最近、日本の高級スーパーで売られているというサラク。

甲殻類のような見た目ですが、立派なトロピカルフルーツです。

フラウさん
チェンマイっこ
ベルちゃん

私たちは
สละ ( Sa-la ) と呼ぶよ

こなっぽい人
こなっぽい人

なるほど
ググると「サラク」と出てくるけど
カタカナにあててるだけで
現地の言葉とは変わってくるよね

ノイナー(タイ語)

Warorot Market


お釈迦様の頭のくるくる(螺髪 らほつ)に似ているから釈迦頭。

私は台湾に住んでいた時にはじめて見たので、その衝撃的な「釈迦頭」という名前でおぼえてしまったのですが、英語ではシュガーアップル。タイではノイナー、日本ではバンレイシと呼ぶようです。

買う時は硬いのですが、2〜3日もすれば食べ頃になります。

熟れると、皮がホロホロと分解して、手でむしって食べることができます。

マーケットの売り子さんが、おやつに食べている姿もよく見るので、タイの方もお好きなようですね。

白い果肉も部分はねっとりとしていて、しっかりと甘いです。ビタミンが豊富だそうですよ。

▲ タイのトロピカルフルーツを別記事に書きました!

タイローカルの栗 マコー

Warorot Market

市場の中に入るとあまり観光客の姿はほぼなくなります。

この日は雨だったので、頭にビニールをかぶっている人がちらほら。

頭は神聖なものという考え方があるためでもありますが、風邪予防の目的もあるようです。

Warorot Market

地元の方が利用するような、おもちゃ屋さんや服が売られていますね。

Warorot Market
Warorot Market

もちろん「金行」もあります。国籍タイで、そのルーツと文化は中国様式である中華系タイ人の独占企業のようで、赤と金の組み合わせが眩しいです。

中華系の影響があるアジアの国々では銀行を利用することが一般的ではないため、財産を金に変えて身につけていることがあるそうです。

お店の情報と地図 ナワラット市場

名称:Nawarat Market(ナワラット市場)
WEB : なし
場所:88/1 Wichayanon Rd, Tambon Chang Moi, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ
電話 : +66 53 234 701
時間:4am〜6pm

ここらで一息いれよう – Thamel coffee –

かおにゃお君
かおにゃお君

広すぎる!

こなっぽい人
こなっぽい人

正直に言おう

おいらも未だに、どこからどこまでは
この市場というきちんとした境界線はわかっておらぬのだ

かおにゃお君
かおにゃお君

地元の人も わからん言うてたもんな

こなっぽい人
こなっぽい人

しかし、心配はご無用
ここは迷いに行くところ
効率を求めていくところでは、ないのだ

かおにゃお君
かおにゃお君

広いとは言っても
一度行けば大体の位置は把握するので
ご安心を

Thamel Coffee

疲れたら、ミャンマー雑貨をあつかっているこちらの隠れ家カフェでゆっくりしちゃいましょう。
日本人観光客にも人気があるカフェです。

ワロロット市場から、徒歩5分のモン族市場までの道中にあります。

休憩すると言っても、周辺には見所がたくさんある
Warorot Market

二重から十重まであるこちらのホーローお弁当箱。その昔はお寺のお坊さんが使っていたお弁当箱が一般市民でも利用されるようになったとか。

手前の黄味がかったホーローが伝統的なもので、後ろのカラフルなものが進化バージョン。

伝統や工芸品でも、アレンジしてデザインしなおすのが得意なタイの人たち。

Warorot Market
Warorot Market
Warorot Market

散策していると、必ずカゴ屋さんに出くわすでしょう。

何から何まで手作りしちゃえる手先の器用さで、こんなものまで作っちゃうの!と驚くものもあります。

何を入れようと想像するだけでも、イメージが広がって楽しいです。

Warorot Market
帽子 100バーツ(352円くらい)
Warorot Market

良い生地が安価で手に入るということもあり、ハンドメイド好きにはたまらないエリアでもあります。

Warorot Market

化粧品 -Win Cosmetics Waroros Market-

Warorot Market

チェンマイ女子に、ドラックストアを聞くと95パーセントの確率でここに案内されます。

街中で売っている価格の2割から5割引きで購入できるとあって、中国からの観光客の御用達となっているようです。

こなっぽい人
こなっぽい人

おいらはここに入る時
心の中で「よし!」と気合いを入れて入店しておりますです

モン族市場

Hmong Market 

カフェで一息入れて、山岳民族の1つでもあるモン族の卸売りのマーケットに到着しちゃいましょう。

モン族の独特の色彩感覚とそのデザインは、世界中女子の心を掴んでます。買い付けに来る方も多い場所ですね。

元気をもらえるカラーです。

Warorot Market
Warorot Market

母語を持たないとされるモン族の刺繍は、彼らの文字でもあります。

その1つ1つのモチーフに意味があり、一族の歴史と文化を伝えているとか。

迫害され、母国をもたず、今でも世界中に散らばるモン族の人たちの刺繍がここまで鮮やかで美しく凛としていることを深く感じ入ってしまいます。

Warorot Market

値段交渉も可能です。

日本人にとったら誤差でしかない金額なので、1つ買って金額をまけてもらうのではなく、複数個で交渉した方が得策だと思います。

Warorot Market
Warorot Market
名称:Hmong Market (モン族市場)
WEB : なし
場所:Chang Moi Sub-district, ムアンチエンマイ チエンマイ 50300 タイ
電話 : +66 53 234 701
時間:7am〜5pm

さいごに

Warorot Market

ガードルアン周辺を観光するだけでも、丸一日はかかることを覚悟して行かれた方がいいと思います。

夕方にはお惣菜やローカル食堂が道路にできたりして、一日中楽しめる場所です。

物珍しくて歩き回ってしまうので、どうぞ散策の際は水分補給としっかり休憩することも忘れずに。

ローカルになった気分で、街を楽しめること間違いなし。チェンマイのお散歩に、こんなでっかい市場はいかがでしょうか?

今までご紹介したマーケット(リンク先有り)

マーケットめぐりは旅の楽しみの一つですね。

チェンマイには観光市場から地元密着型の市場まで本当にたくさんの市場があるのですが、当サイトでシェアしているのはこの記事を合わせて今のところ5つのマーケットです。

リンク先が詳細ページなので、よかったら参考にされてください。

【寝台列車】バンコクからチェンマイへ

旅の準備

旅人の持ち物リスト

【状況や環境】 女子一人旅の不安など

格安で手に入れる航空チケット

どこからどこに行きたいと感覚的に使えるようにできており、さらにその月で一番安い航空券を一発で見られるので、頻繁に利用させてもらっています。

一時帰国のため検索をかけて、バンコクー日本の航空チケットを7000円以下で購入することができました。時期によって安く海外への渡航も可能。直近でも便利です。